FC2ブログ

『瞳の奥の秘密』(2009年/スペイン・アルゼンチン)~完全無欠、これが映画だ。~

2010年アカデミー賞最優秀外国語映画賞受賞作。賞の名に恥じない、紛れもない大傑作である。
脚本・キャスト・演技・カメラワーク・色調・フォーカス・編集・音楽。
これら映画を作る構成すべてが不可欠なピースとしてはまり、完璧な全体像を作り上げる。
ミステリ?サスペンス?人間ドラマ?いや、これは<映画>そのものだ。

例えば、ショットの完璧さ。
派手なショットの代表例は、ちょうど1時間の折り返し点に挿入される見事なワンカットの長回し。
決して策に溺れるのではなく、技法がそのシークエンスを演出する最高の方法論として吟味・実践されている。
ワンカット撮影のほぼ完璧な見本のような、最高のスリル演出ショットである。
一方で、一見何気ないショットだが、画角とフォーカスの絶妙な計算で映像的なメッセージを放つシーンも多い。
観客が無意識にも女性判事の胸元が気になってしまうショットからの一連は、
先の大技とは対極に位置しながらも、まったく別の意味で最高のスリルを演出する。
観客を瞬く間に引き込むオープニングから、これ以外は無いと言えるラストカットまで。
決め細やかな監督のたくらみが全編に溢れ、映画という表現のフルコースを満喫できる2時間10分が待っている。

伏線の巧みさと人物像の重層性も、映画として完璧に近い完成度に一役買っている。
犯人/被害者、被害者/その夫、夫/主人公、主人公/女性判事、女性判事/被害者、被害者/主人公、主人公/犯人、犯人/被害者の夫…全てが重なり合い、拡散し、見事に収斂していく様を観るのは、
まさに至福の映画体験であり、映画とは様々な視線の取捨選択の連鎖なんだと改めて感動。
とりわけ、犯人と被害者の関係性と主人公と女性判事の関係性を、共通する写真という要素で連鎖させ、
実は主人公と犯人の<愛の対象>へのまなざしは同質であると語る畏ろしさ・業の深さ。
そして、Aが打てないタイプライターをメタファーに、登場人物全員の満たされない想いを描き込む冷徹さ。
何故タイプライターのAは欠落しているのか?『瞳の奥の秘密』とは、一体誰の秘密なのか?
登場人物全員の人生の岐路となった事件未解決事件の謎解きを軸に、見事に描かれる重奏曲。
ミステリ?サスペンス?人間ドラマ?いや、これが<映画>だ。必見。
スポンサーサイト



『ロッキー・ザ・ファイナル』(2006年/米)~アメリカン・ドリームの落とし前~

第1作から30年。『ロッキー・ザ・ファイナル』を観た。アメリカン・ドリームの象徴のようなシリーズだが、
なるほどこういう落とし前か。老境の引退チャンピオンが現役チャンピオンに挑戦。
そのありえない設定にこそ<夢>があった。

ロッキーはベタだ。ただ自分を信じ、諦めず挑戦する。
映画的なカタルシスも、勝ち負けは二の次であって、そのファイティング・ポーズを取り続ける姿こそが、
勝ち組・負け組みを問わず胸に訴えかけてくる。
みんなが大好きな、試合とは全く関わりのないフィラデルフィア美術館前のお馴染みのシーンはその象徴だ。
スタローンがその辺りを明確に自覚していることは、このファイナルを最後の最後まで観ると良く判る。
彼にとって、ロッキーはもはや自らが作り出したキャラからとっくの昔に手を離れ、
アメリカ人の老若男女の心の中のそれぞれに手渡してしまったものになっているのだろう。

この最終作はいわば懐メロだ。ロッキー・バルボアは過去に対して正々堂々、恥ずかしげもなく懐古する。
ビル・コンティの音楽も、あのメロディを様々な懐古調にアレンジする。では後ろ向きなのか?そうではない。
この作品がエライのは、本当に過去と向き合うことは、実は未来と向き合うことなのだ、と語りかけるから。
中途半端に過去を忘れようとし振り返らないことは、すなわち逃げなのだ、と訴えてくるから。
このモチベーションは、ジャンルも違うし接点も無いけれど、
登場人物の過去を克明に描き、同時にその人間が未来への行動を起こす瞬間のモチベーションを描く事に徹した
ブルース・スプリングスティーンの音楽の煽情性と同質なもを感じる。
過去を引き受ける事で前に踏み出す。それが出来るか出来ないかこそが本当の勝ち負けだ、と。
ファイナルの名に相応しく、スタローンが本当に自覚的にロッキーというアイコンを引き受け、
そして観客一人一人の心の中にバトンタッチして終わらせてみせた見事はケツの拭き方だった。

原題は『Rocky Balboa 』、その次に撮ったランボーの最終作の原題は『John Rambo』。
共に主人公の名前をシンプルに冠したものだ。最後に、ひとりのただの人間として描く。
ここにもスタローンが自ら創造したヒット・キャラへの落とし前の覚悟が見て取れるように思う。
どちらも余計な贅肉をそぎ落として90分程度で簡潔にまとめており、ひとつの境地を観るかのようだ。
ロッキー最終作が06年、続くランボー最終作が08年。リーマンショック以降を見据えたかのようなタイミングで
次々とアメリカン・ドリームの陽と陰のようなキャラに落とし前をつけたスタローン。
母国アメリカでの受け止められ方は、僕ら以上の何かがあるに違いないと思われ、興味深い。

『ミレニアム』3部作(2009年/スウェーデン他)~ミステリ映画の総ざらい的な良作~

『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』『ミレニアム2 火と戯れる女』『ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士』
ハリウッドでもデヴィッド・フィンチャーでリメイクが決まったというスウェーデン産ミステリ3部作を、
ベストセラーの原作は未読のまま、純粋に映画として鑑賞。

正直、役者さん達がそれほど魅力的には思えなかったのですが、ま、それは趣味の問題で。
きっと僕は女の子がパンク・ファッションだとちょっとコワいんですね(^^;)…パンクは好きなんですけど…
だから主役のリズベットがすっぴんに近いほど安心する、という妙な心象はさておき。
トラウマに対する武装として化粧(けわい)を施す、というのは不思議な緊迫感を画面にもたらします。
コワモテのいでたちに隠されたナイーヴさが時折こぼれ出す、という人物設定は、やはり巧い。
ビジュアライズは読者の想像任せである原作ファンは、リズベットへの思い入れが映画以上に強くなるように
巧みに仕掛けられた設定になっているであろうことが、容易に想像出来ます。

物語は3部作それぞれの趣が異なっていて、ある意味方向性がバラバラ。それがとても面白いのが本シリーズ。
ナチス残党がひしめく大富豪一家、その娘の失踪事件を追う第1部。人目につかずには抜け出せない孤島からの失踪劇から始まる、広義の密室トリックものとアリバイものを合わせたようなプロットは3部作中最も本格ミステリ色の強い1本。これ1本だけでも独立した作品になっています。
続く2部と3部は、主人公リズベット自身の謎めいた生い立ちと国家的策謀が錯綜して展開するサスペンス&アクション的な要素が強く、法廷劇も絡んでくる連作。
結果、1部によって主人公達への思い入れが強まると2部・3部が一層楽しめ、ミステリ・サスペンス・アクション・法廷劇と味付けを変えてくることで、1点豪華主義ではない幕の内弁当的な楽しみを与えてくれる。この構造は、3部作を通して観ても飽きがこないよう、良く工夫されていると思います。

唯一不満、というかもうちょっと別のは無かったかのな?と思ってしまうのはサブタイトル。
だって何だか良く分からなくないですか?1部はともかく、<火と戯れる>ってサーカスじゃないんだし、
<狂卓>にいたっては一体どういう意味ですか?という。<きょうたく>で変換しても出てきませんがな…。
僕のような、<ミステリは読むのも観るのも好き>という好事家にはうってつけの良作なんですが、
これじゃターゲットがうまく狙えていないような…え?余計なお世話?すみません…。

しかし本編は撮影も編集も奇をてらうことなく非常にオーソドックスで、この手の作品にありがちなこれみよがしのギミックやわざとらしい脅かしもなく、とても好感の持てる作りでポイント高し。リビングに居ながら、スウェーデンの風景やお国柄(セックス事情などちょっと下世話な好奇心をくすぐる部分も)を体験でき、ミステリ映画の幅広い見本を総ざらいしたような楽しさが味わえます。
何本も観なきゃいけない海外ドラマシリーズほどではなく、2時間で完結する映画にはないたっぷりした見応え。
「今日はな~んもしないで1日ビール飲んで映画観よ~♪」って時(そんなの年に何度もないですけど)にはうってつけ、大人のぐうたら贅沢のお供です。

『ハリー・ポッターと死の秘宝 Part 1』(2010年/英・米)~10年ひと昔~

最終章に突入した大ヒット・ファンタジー原作の映画化。これまでは1章=1作だったけれど、遂に前・後編に。
さすがに最後の落とし前には映画的な省略にも限界があるようで…。

思えば第1章の映画化から早や10年!そりゃハリーもロンもハーマイオニーもいい大人になるわなあ、と。
僕の“親戚のおじちゃん”感想は、

ハリー→まああまり変わらず。
ハーマイオニー→女の子はやっぱり綺麗になるなあ。
ロン→最も早期おっさん化?プロモ来日の際も何だかヨレた格好で、周りももうちょい気を使ってあげなよぉ~。

さて、原作が『不死鳥の騎士団』の上巻途中でストップしており、もはや映画頼りのワタクシですが(^^;)、
それでも、筋書きがだんだんシリアスな方向へ向かっているのはわかります。
ただ、ファミリー映画としてはやはり初期作品の楽しさ溢れる作りの頃が懐かしい。
ここ3作は筆致の統一感も求められてか、デヴィット・イエーツ監督で通しているけれど、
そういう意味では1作・2作の“ホーム・アローン”クリス・コロンバスのキャスティングがアタリだったという事か。
個人的なベストは、そのクリス・コロンバスからアルフォンソ・キュアロンにバトンが渡された『アズカバンの囚人』。
楽しさとシリアスのバランスが変わってくる象徴的な作品で、シリーズ屈指の独特なテイストも含め、
大人も子供も楽しめるベストバランスではないか、と思う次第なのです。

さあ、泣いても笑ってもあと1本。
ヴォルデモートの正体が明らかになって以降は、戦いが主軸となって<謎>が少なくなってきておりますが、
それならそれで、ラスト1本は映画史に残るアクションシーンを遺してくれよ~っという願いをこめて、

エクスペクト・パトローナム!映画の守護霊よ来たれ♪

『クライム&ダイヤモンド』(2001年/カナダ)~隠れ家的サスペンス幕の内弁当~

クリスチャン・スレーター、ティム・アレン、リチャード・ドレイファス、ポーシャ・デ・ロッシ主演の
コンゲーム(騙しあい)ミステリ&サスペンス。
それぞれ適役に配置され、このキャスティングの妙が本作品の成功の鍵を握っている。
とりわけ、ティム・アレン(『ギャラクシー・クエスト』も最高だったね♪)演じる“クラシック映画好きの殺し屋”が、
思わず映画ファンをニンマリさせるナイスなキャラ。この設定がラストシーンまで気の効いたスパイスとなっている。

脱獄、銀行強盗、詐欺、財宝探し、“間違えられた男”設定の追いかけっこ。
てんこ盛りのエピソードはまるでクライム・ムービーの幕の内弁当のようだが、この映画はどのおかずも美味しい、
非常に良く出来た幕の内弁当なのである。
おまけに古き良き映画へのオマージュもふりかかって、どきどき・わくわく・にやにやしながら楽しめる逸品。
心から映画が好きなスタッフ、キャストが和気あいあいと作ったであろう雰囲気が良く伝わってくる。

実はこの作品、全米でも最高興収45位、僅か36館での公開と、決してヒットした作品ではないそうな。
そのぶん、親しい人を隠れ家的なお店に連れて行ってあげるような気持ちで紹介したくなる、
そして紹介された方も、何だか通な良いお店に連れてってもらったみたいにハッピーになれる、
そんな美味しい映画だった♪
プロフィール

jinbonham

Author:jinbonham
ハリウッド大作から
ミニシアター系まで
好き嫌いなし!で愉しんでます。
ツイッターでは映画に加え、
音楽・ミステリ・SFなど
仕事と趣味を
織り交ぜてつぶやき中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR