FC2ブログ

『のるかそるか』(1989年/米)~運も実力のうち?~

リチャード・ドレイファス主演のギャンブル・コメディ。
インサイダー情報を小耳に挟んだタクシー・ドライバーが、なけなしの持ち金を握り締めて競馬場へ。
たった1日の夢物語を愉しむ娯楽映画の良作です。
結局主人公のツキはどこから始まったのか?って観終わってからちょっと考え直すと…以下お楽しみ~♪
『トッツィー』でアカデミー助演女優賞ノミネートのテリー・ガーが、
駄目ダンナの奥さん役を演じてコメディエンヌの本領発揮、とっても魅力的でした。
スポンサーサイト



『ナイト&デイ』(2010年/米)~嘘八百万の愉楽

初めから何かおかしいと思ったんだ。
これから本編ずうっと土壇場が控えてるはずのトム・クルーズが、普通にアイスかじってるところから。
ん?アイス?随分と余裕なんだなあ~と思ってたら…見事にワタクシ、ノックアウトされました。
何かおかしいくらい面白いです、この映画。

普通に面白く出来たハリウッド産アクション映画だと思って油断していたのが良くなかった。
ヒッチコックが大好きな僕。
つまり、ありえない嘘を上手についてくれる映画が大好物だったのを忘れてました。
この『ナイト&デイ』は、嘘八百×10,000倍で愉しませてくれる最高の娯楽映画です。
映画そのもの=<絵空事>が110分間、徹頭徹尾持続するのを観られるのは、快楽以外の何物でもありません。

ヒッチコック的な荒唐無稽の巻き込まれ型+追いかけられ型サスペンスを、
2010年型の映像技術とスピード感にモディファイした、近年最高の超痛快作。
ヒッチコック作品がそうであるように、話がわかっていても何度観ても楽しめる。
そんな娯楽映画に、予期せず出会えたのが嬉しい。
もう一度言います。
おかしい出来事が、おかしいくらい続けて起こって、おかしいくらい面白いです、この映画。

そうそう。巻き込まれるのが男じゃなくって女なのも21世紀型?
あ~早くもう一回観たい!

プロフィール

jinbonham

Author:jinbonham
ハリウッド大作から
ミニシアター系まで
好き嫌いなし!で愉しんでます。
ツイッターでは映画に加え、
音楽・ミステリ・SFなど
仕事と趣味を
織り交ぜてつぶやき中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR